2011/03/20

被災地の動物預かり等について転載のお願い

私の大好きなブログ「クロマニア」さんからの情報です。

ブログをお持ちの皆様、転載のご協力をお願いします。

ブログのお友達から呼びかけがありました。
皆様のブログ転載ご協力よろしくお願いします。


逆立ちするチワワのポチとまったり過ごすひと時♪さんからの転載
----------------------------------------------------------

■【新潟県十日町】 ペットの一時預かりサービス

・ペット(犬、猫など)の「一時的な預かりサービス」を実施します。
(無料、魚沼市の専門施設、窓口は十日町保健所環境衛生課 

電話:025-757-2400)

公式サイト(新潟県十日町市)

http://www.city.tokamachi.niigata.jp/kurashi/jishin2.html



■【いわきグリーンスタジアム】 猫・小型犬同伴可の避難所

〒972-8321福島県いわき市常磐湯本町上浅貝110-33
21世紀の森公園 いわきグリーンスタジアム1F


猫・小型犬同伴での避難者向け控え室があります。

TEL. 0246-43-0033

E-mail: info@iwakicity-park.or.jp



■【動物愛護団体 ARK】 

震災で保護される動物の一時預かり 及び ボランティア募集

東京ARKさんが、被災動物の保護活動をしてくださいます。

しかし、保護施設(シェルター)が無いため、

一時預かりが可能な一般ボランティアさんを緊急募集しています。

ご協力いただける方、詳細はARKさんサイトにてご確認・ご登録ください。


■東京アーク
E-mail: tokyoark@arkbark.net
ホームページ: http://www.arkbark.net/?q=ja/node/2900


よろしくお願いします。



********************************


ペットフード店の
わんのはなさんよりアドバイスです。
ペットフード不足時の食事アドバイス【わんのはな】

■避難時のペットの食事に関するアドバイス

被災者の皆様、そしてそのご家族・ご友人・関係者の皆様、
そして大切なペットたちにも大事が無いように、
心からお祈りいたします。

避難などで、
ペットの食事に関するアドバイスです。
無添加フードが少ない、もしくは無くて困っている場合です。
*このアドバイスは転送可能です。困っている方に転送下さい。


■1。ペットフーが少ない場合で、
  ごはんや野菜、お肉がある場合は、
  半分ぐらいまで、
  愛犬ならごはん6と野菜2、肉2ぐらいの割合、
  愛猫ならごはん4と野菜2、肉4ぐらいの割合、
  適当でかまいませんのでまぜてあげて、
  できればスープや水などをかけ、
  塩分や糖分などの味付けをせずに食べさせてあげてください。
  ペットフードは総合栄養食ですが、
  緊急時ですし、
  短期間ですし、
  この程度なら栄養バランスを大きく崩しません。


■2。ペットフードがなく、
  ごはんや野菜やお肉などがある場合は、
  手作りごはんが作れたらつくりましょう。
  愛犬ならごはん6と野菜2、肉2ぐらいの割合、
  愛猫ならごはん4と野菜2、肉4ぐらいの割合、
  火が使えるようでしたら、
  お肉と野菜を軽く煮て、
  冷ましてからごはんをいれて、
  クッパのようなヒタヒタごはんでオーケーです。
  火が使えない場合は、
  混ぜて水をかけるだけでもオーケーです。
  ある程度適当でかまいませんのでまぜてあげて、
  塩分や糖分などの味付けをせずに食べさせてあげてください。
  1日の給仕量が愛犬の頭蓋骨の大きさ程度が目安です。
  緊急時ですし、
  短期間ですし、
  この程度なら栄養バランスを大きく崩しません。


■3。配給のおむすびなどしかない場合、
  人間用に塩分の高い具や塩で味付けされているので、
  具をとりのぞき、
  ごはんを軽く水で洗って塩分などを落とし、
  水をかけてヒタヒタごはんでオーケーです。
  ペットが食べてよい野菜や果物なら生であげてもいいです。
  緊急時ですし、
  短期間ですし、
  できることでがんばりましょう。


■4。便が安定しなくなる可能性があります。
  これは日頃食べていない食事を摂取して、
  腸内細菌がその対応に追いつかない可能性が高いです。
  精神的な問題もあるかもしれません。
  無糖ヨーグルトで整腸してあげたり、
  長い子でも数日で安定するとことが多いです。
 

ともかく明るくペットとの素晴らしい時間で癒されながら、
皆でのりきりましょう!
明けない夜はありません。
がんばりましょう!

また、質問やお問合せは
0120-62-1179
もしくは、
staff@ecozakka.com まで。


   

********************************



一人でも多くの目にふれるよう
皆様のブログにも転載ご協力宜しくお願いいたします。


ひとつでも多くのいのちが助かりますように
お祈りしております。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ペットを飼っている人たちは、避難所にも居づらかったりするだろうね。
みんながみんな好きなわけじゃないし。
子連れの人も、避難所には入らず、車に居るって人も多いそうだし。

こういう情報はありがたいよね。
広まりますように。